Sinanoポールのグリップの違いについて・・

Sinanoの

グリップは

数種類

ありますが

それぞれ

特徴があります


私が

使用中の

グリップの

使用感を

書いてみます


① The Freet12のグリップ

P7220022s.jpg

少し

細目のため

チップ側が

重く感じます


小指を

支点に

ティップ寄りの

重さを

利用して

ティップを

前に

出すように

すると

いい感じで

操作できます


そのため

中回りから

大回りで

しっかり

突ける感じがします


② Beat-RCのグリップ

P7220021s.jpg

The Freet12より

太く

チップ側が

軽く感じます

また

フィンガーホルダーが

搭載されているため

グリップ全体を

包み込むように

握り

小指と薬指を

前に出すように

すると

手首を

早く

返せるため

小回りに

向いているように

感じます

当然

コブにも

いいですネ


③ Free Sのグリップ(PG-52)

P7220023s.jpg

Freetより

太く

RCより

少し

細く感じます


このグリップは

人差し指を

支点に

手のひらを

前に

押し出すように

使うと

操作しやすいと思います


RCほど

軽快感は

ありませんが

Freetより

手首の

負担が

少ないように

感じます

3本の中で

一番

オールラウンドに

使えるのでは

ないでしょうか・・


スキーフリークの皆さん、ジャズファンの皆さん、クロスバイク、ワゴン好きの皆さん、ご訪問、ありがとうございます。
各ブログランキングに参加しています。
読み終ったら、↓のバナーを、ポチッと、してもらえると嬉しいですm(__)m


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ にほんブログ村 車ブログ ステーションワゴンへ

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する