FC2ブログ

レーサーは垂らさない!?

スキーグラフィック9月号に

興味深い記事がありました。

「知りたい! 勝負板、話題のスキーが躍動する、ベストチューンのヒント」

って、長いタイトルだこと(笑

技術戦出場選手の

チューンナップ法が

紹介されています。

サイドエッジに関しては

大回りを

立て気味にする選手と

小回りを

立て気味にする選手が

いるようですが、

ベースエッジに関しては

大回りの方を

立てている選手が

ほとんどですネ。

ただ

全般的に

ビべル角が

少ないかな・・

特に

大回りは

もっと垂らしているんじゃないかと

思っていました。

まあ、

この記事が

ホントならですが・・(汗


ワールドカップなどの

レーシングの世界では

SLは

ほぼフラットで

GSで少し垂らし

SG、DHだと

さらに垂らす(1度くらいかな?)のが

普通のようです。

岡田利修選手は

べースがフラットだそうです。

そういえば

佐々木明選手も

ベースはフラットだったような・・

やっぱり

レーサーは垂らさない・・(爆


それから

やっぱりな

と思ったのは

小野塚彩那選手の

大回り用・・

183cm(プロトタイプ)って

DEMO X TYPE A じゃないでしょう。

女子のGSスキー(>23m)だよネ。


★お知らせ★
コメント欄は閉鎖しました。
コメントは「Free Lounge」にお願いしますm(__)m


スキーフリークのみなさん、ジャズファンの皆さん、ワゴン好きの皆さん、
各ブログランキングに参加しています。
読み終ったら、↓のバナーを、ポチッと、してもらえると嬉しいですm(__)m


人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ にほんブログ村 車ブログ ステーションワゴンへ